俺達の田舎暮らし

俺達の田舎暮らし

広島県北部の田舎暮らしブログです。仲間と自然の食材を集めて旨い酒を飲んで暮らしています。
もっとうはスタイリッシュでスマートに生きること!

コメントはどなたでも歓迎します!質問があればお気軽にどうぞ!

メンバーはryo・hiro・yataboy・yuu・melanin・ega・タムケン・テル


2011年8月24日水曜日

世界遺産高野山 宿坊不動院


一日一回クリックが有効なので応援クリック
お願いします!


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ





前回は高野山について書きましたが


今回は泊めていただいた宿坊不動院について書かせていただきます

高野山のお寺の約半分が宿坊をされています

その宿坊がどんな感じなのかって話なんですが


その前に前回までのあらすじ


高野山は千二百年前に空海によって開かれました

標高900メートルの8つの峰に囲まれ

百十七の寺院があってそれを総称して金剛峰寺というそうです



その百十七の寺院の一つ
不動院という御寺院に私の妹が去年嫁ぎました


それで旅行も兼ねて高野山に遊びに行ってきたわけです



とまぁこんな経緯があり前回は私の高野山の旅を書きましたが

今回は不動院をメインに書きます!



初日は夕方に高野山に着いてその日は
妹夫婦の住む別院に泊まったのですが

朝、不動院にご挨拶に行きました


大通りから道を上がって門の脇に駐車場がありました

ほとんどの寺院が大通りに面していましたが
不動院は大通りから奥にあるためとても静かでした

意外と交通量が多くてツーリングのバイクもたくさん走っていたので
静寂を求めて行くならとてもいい所だと思います




ここでどうしても体験したかったのが坐禅!

お義父さん(ご住職)に頼んで他の泊まられているお客様と
一緒に座禅体験をさせていただきました!

今まで坐禅だと思っていたら真言宗では阿字観というそうです




静寂の中、本堂で丁寧なご指導のもと阿字観を体験しました


朝からとってもいい気分でした!







不動院の御本尊は弘法大師が木を伐り出して彫ったという不動明王

百年に一度御開帳されるそうです





許可をいただいて本堂を撮らせてもらいました




お義父さんが『御本尊を開けて写さなければいいよ』って冗談を言ってました!

百年に一度の御開帳を俺がかってに開いて撮って
全世界にネットで流してたら二度と不動院の敷居をまたげないよね(笑)



冗談はこれくらいで・・・



本堂はとても神秘的でした

外国人のお客さんが多いそうですが
この神秘的な日本独特の美しさに何を感じられるのでしょうか

聞いてみたいですね!







この後は前回書いた高野山巡りをしました!



三時くらいに帰ってきてお部屋に案内していただきました

こちらの宿坊で働いているお坊さんは5人いらっしゃるそうです


みなさん所作の一つ一つがとても綺麗でした

ふだん泊まる宿とかホテルの従業員さんとはまったく違います

それもまた安らぎを与えてくれる一つでした



お部屋と施設




とても綺麗な和室でした

無線ラン内臓PCならインターネットもできます

写真の編集とかお部屋でゆっくりしてました




客室は高野山の宿坊には珍しい全室トイレ付だそうです

ここはフルフラットになっていて完全バリアフリーのお部屋でした






最近できた図書室に案内してもらいました


たくさんの仏教書があったので

仏教に触れてみるもよし もってきた小説を読んでくつろぐもよし

とか勝手に思ってました(笑)






それからお食事をするところが素敵でした

私は初めてお邪魔しましたが、うちの父は初めて来た時の感想を

「でっかい大名屋敷みたいだった!」って言ってましたが
まさにそんな感じでした




そして旅の疲れを癒すお風呂!


お部屋のお風呂じゃなくて大きな家族風呂に入らせていただきました


こちらのお風呂も最近できたそうです

とても清潔感があって窓を全部開ければ露天風呂気分でした





宿坊の外も見せてもらいました

その庭の綺麗なこと!










お風呂に入ってからお食事の用意をしてもらいました!

副住職さんが運んできてくださいました

この人が旦那さんです!




お料理はとっても美味しかったです!

綺麗な盛り付けや繊細な味付け
私も料理はよく作りますがこれは本当にすごかったです

こういうの好きな人にはたまりませんね~

一つ一つ目で見て舌で味わって大切に大切に食べていく感じが最高でした!


例えるなら高級デパートの小さな種類の違う洋菓子の箱詰めを
選びながら食べていく感じです


いや~ん!超カワイイ~!
食べちゃうのもったいなぁ~い!!!

的なヤツですwww


からっと揚がった天麩羅は食べた時の食感をうまく考えてありました
千切り人参とアオサの食感の違いがとても良かったです
何より色が綺麗ですね!

勉強になりました!


煮物には生麩が入っていましたが
生麩は中国からお坊さんがもちかえったもので
京都が発祥の食べ物だから

私の住む広島いったいにはないし
東京に住んでた頃も見かけたことがないです

私自身は料理で使ったことがありますが
ふやけないように味を入れるのがとっても難しいんです
それを完璧な食感と味付けに仕上げてありました

煮物も一皿に5種類入っていますが
全て煮時間が異なる物なので

一つ一つ大切に作られているのがうかがえます

飽きないように味の濃さも一つ一つ変えて作られていました


それからゴマ豆腐が・・・


まぁ頭で食べるのはこのへんにして

とりあえずビール!!!!


結局いつも飲んでるわけですwww


とっても満足でした!

旅行の満足度って料理のしめる割合は大きいですよね!


夜はお義父さんとお義母さんとたくさんお話をして寝ました

とっても素敵なご両親でした

親戚が増えるのは楽しいですね!


忙しいなか素晴らしい御もてなしをしていただいてとても感謝です

不動院のみなさん本当にありがとうございました



お問い合わせはこちら







オフィシャル



勝手に宣伝www


宿泊時に副住職さんに

『俺達の田舎暮らしブログを見ました』って言ってもらえれば

何かいいことがあるかも!





それから帰り際にお土産を買って一つお供えの御饅頭を買いました

妹夫婦の別院の前にいらした不動さんへのお供えです

赤ちゃんも産まれたのでどうぞよろしくお願いします

手を合わせてお供えをして帰りました





読み終えた方は

ランキングクリックを二つ押してください




 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ←Clickお願いします!


 ←Clickお願いします!   

3 件のコメント:

さんのコメント...

写真のなかに 細いけれど丸太組の建物もありましたねェ

お大師さんは 東大寺の館長もされていました
ここには 東大寺にあるような三角形の断面を持つログハウス〈経蔵か?〉もあります

たぶん1200年の昔に立てられたものなのですかねェ

ryo さんのコメント...

唐さん

コメントありがとうございます!
さすがログハウスのプロですね!

私ではよく分からないですね~

不動院さんに聞いてみます

Fudouin さんのコメント...

校倉風の建物の事でしょうか?
不動院の護摩堂です。
建物自体は古い建物ではありません。
先代の住職の時に建立したもので、
昭和50年後半に境内の杉を伐採し建築されたものです。