俺達の田舎暮らし

俺達の田舎暮らし

広島県北部の田舎暮らしブログです。仲間と自然の食材を集めて旨い酒を飲んで暮らしています。
もっとうはスタイリッシュでスマートに生きること!

コメントはどなたでも歓迎します!質問があればお気軽にどうぞ!

メンバーはryo・hiro・yataboy・yuu・melanin・ega・タムケン・テル


2019年4月30日火曜日

秋の夜長 第一話 松茸とスズキ






去年書き残したお話



さてさて秋のメインのお話

松を食べまくる恒例行事がやってきましたw


いつも採ってきた松茸は

親父にほとんど全部渡して

親戚に送られていましたが・・・


この日だけは食べまくります!!!







見事な松茸ですね!

料理をすのが楽しみなります







この松茸のつぼみは焼いて食うかな!


香がよくて高級料亭に好まれる

広島産のこの松茸は

いったいいくらすんでしょう?






金なんかより一晩の酒の楽しみにこだわるw


それからこの苦みがたまらない

クロッコちゃんも焼いて食べます




あと今回はスペシャルゲストのせいちゃんが

飲みに来てくれるのでhiroと釣りしてきました


ただ雨がすごくてカメラが使えず・・・

前回の写真の使いまわしですw


こんな感じのイメージで土砂降りでしたw




残念ながらこの日はお目当てのサバは釣れず

なんとも半端なサイズのスズキとアジw




これはもうフライしかないね!

でもスズキのフライは美味しいからね~




あと小さい鯛は塩水に浸して

風干しにすることにしました





とりあえずスズキフライの準備は完了!




さぁ大根が美味しい時期になりました!

今晩は大根でけんを作ります






細くできると美味しいよね~




ちなみ皆さんご存知の通り私は

包丁マニアです!


ヤバいくらい包丁にお金を突っ込んでますw


特に柳刃は一尺~六寸まで数本

本焼など鋼材ごとに所有しています


これコレクションのほんの一部www




それでこの大根を作ってたときは

実家じゃなくてアパートでした



ほとんどの包丁は実家に置いてるんだけど

アパートに持ってきている長い刃の包丁は

この一本だけです






だいぶ研いで痩せてきていますが

これは柳刃ではなく河豚引き包丁です


一般的な柳刃より薄く作られていて

フグの身を薄く削ぐように切る包丁です


これがあれば普通の刺身を切るのも

削ぎ切りもできる

薄刃包丁ほどじゃないけど

河豚引きなら大根のけんを

作るのもできてしまう


長さは実際河豚を引くわけじゃないので

九寸と河豚引きにしては短いもので

鋼材は刃こぼれしにくい青二です


アパートで砥石は使わないので

実家にたまに持って帰って研いでいます


そうなると刃の持ちがいい

青二の方がいいんだよね~


色々持ってるけど

青二九寸の河豚引き包丁が

普段使いには一番好きだったりします


さて少しお話がそれましたが

次回もお料理のお話が続きます




2019年4月1日月曜日

初めての松茸ご飯


去年書き残したお話


お食い初めをしてコスモスを見に行ってからの

続きです


お食い初めで松茸を飾りに使いましたが




もちろん飾った後は食べます!


松茸の開きはご飯!

香りが一番強くなるのがこの開き


量が取れて香りがいいので

開きは松茸ご飯が最適なわけです!


豪快に刻んでしまいます




続いて羅臼昆布を60℃のお湯で1時間

これが一番いい出汁が出ます




昆布を取り出してから

沸騰させて味醂、塩、醤油を加える


沸騰すると滑りが出るので

昆布は取り出すけど

温度が下がるとまた戻しておきます




この大量の松茸を惜しげもなく

ぶち込んでやります!





しばらく待つと

素晴らしい炊き上がりになりました






娘に人生初の松茸を食べさせるw




ちょうど太刀魚をもらったので

太刀魚のソテーも作りました!




松茸ご飯と太刀魚が美味しかったみたいで

いつも以上にたくさん食べてくれました


ところで我々の晩御飯には

買ってきたワタリガニのお汁を追加


さすがに娘は食べられないw




出刃包丁でぶった切ってお汁にします




これはいい感じだね~




一歳から松茸ご飯を食べさせてるとか

炎上しそうな内容ですが


買ったんじゃなくて

一日山を歩いて採ってきた

我が家の山に生えた松茸なので

ご理解くださいwww


だけどこやって郷土の味を

娘にちゃんと伝えたいと

お父さんは思うわけです